風しん第5期定期予防接種 実施しています

循環器内科(心臓血管内科)

循環器内科(心臓血管内科) の病気

心不全

心臓の機能が低下し、全身に必要な血液を送り出せない状態です。心不全の原因は、弁膜症、心筋梗塞、高血圧、不整脈など様々なものがあります。心不全になると、胸が痛い、動悸、息切れ、むくみなどの症状がおこります。
心不全は、原因をしっかりと調べ、それぞれに合わせた治療を行うことが重要です。

心不全
心不全とは? 心不全とは、「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」と定義されています。 わが国の心臓病の死亡者数は、癌に次いで2番目に多く、心不全になると5年後には約半数の方はなくなってしまう重い...

不整脈

人間の心臓は、1日約10万回規則正しく動いており、この規則正しい動きが乱れたものを「不整脈」といいます。
不整脈には様々な種類があり、治療の必要のないものもあれば、心不全や脳梗塞になったり、突然亡くなったりするような危険な不整脈もあります。不整脈の種類をつきとめ、それに合わせた治療が必要です。

不整脈
不整脈とは? 人間の心臓は、1日約10万回規則正しく動いています。この規則正しい動きが乱れたものを「不整脈」といいます。 心臓は、「刺激伝導系」という経路を命令が伝わって、規則的に動いています。「洞結節」というところから命令がでて、...
心房細動
心房細動とは? 心房細動とは、心臓の「心房」という場所が、1分間で300回以上(正常は50〜100回)と異常に早く、ふるえるように動く不整脈です。その結果、脈が乱れたり、早くなったりします。 普段は正常な脈ですが、一時的に心房細動になる...

狭心症

心臓が動くために必要な栄養を送る血管を「冠動脈」といいます。この冠動脈が、動脈硬化などにより内側が狭くなり、心臓が栄養不足になります (この状態を専門用語で「虚血」といいます)。その結果、心臓が悲鳴をあげ、胸の痛み(胸痛)、圧迫感、動悸、息切れなどの症状が出ます。

心臓弁膜症

心臓は、右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋からなっていて、血液が順番に流れています。一方向に流れるように、各部屋と部屋の間に逆流を防ぐ扉、すなわち「弁」がついています。この弁がなんらかの原因によって、開きにくくなったり(狭窄症)、閉じにくくなったり(逆流症・閉鎖不全症)します。
弁膜症になると心臓に負担がかかります。最初は症状がないことが多いですが、心臓に負担がかかり続けると、心不全や不整脈が起こり、動悸、息切れ、むくみなどの症状がおこります。

心臓弁膜症
心臓弁膜症とは? 心臓は、右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋からなっていて、血液が順番に流れています。一方向に流れるように、各部屋と部屋の間に逆流を防ぐ扉、すなわち「弁」がついています。 弁は4つあり、左心房と左心室の間にあ...

動脈硬化

動脈硬化は気づかないところで進行し、ある日突然、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などを引きおこします。動脈硬化の様子を調べ、予防をおこないます。

動脈硬化の検査を行っています
頸動脈超音波検査(頸動脈エコー) 超音波検査(エコー検査)とは、耳で聞こえる音よりも周波数が高い音である超音波を用いて、体の内部を調べる検査です。 レントゲン検査やCT検査のように放射線被ばくの危険性がなく、針を刺したりもしないので痛み...

次のような症状があるときはご相談ください

  • 胸が痛い(胸痛)
  • ドキドキする(動悸)
  • 歩くと息が苦しい(呼吸困難)
  • 健康診断で心電図異常といわれた
  • 健康診断で心雑音がするといわれた
  • 動脈硬化の様子を知りたい