循環器内科 (心臓血管内科) 一般診療

心不全

動悸がする女性心臓の機能が低下し、全身に必要な血液を送り出せない状態です。心不全の原因は、弁膜症、心筋梗塞、高血圧、不整脈など様々なものがあります。心不全になると、胸が痛い、動悸、息切れ、むくみなどの症状がおこります。

心不全は、原因をしっかりと調べ、それぞれに合わせた治療を行うことが重要です。

不整脈

人間の心臓は、1日約10万回規則正しく動いており、この規則正しい動きが乱れたものを「不整脈」といいます。詳細は「不整脈・心房細動」をご覧ください。

狭心症

心臓が動くために必要な栄養を送る血管を「冠動脈」といいます。この冠動脈が、動脈硬化などにより内側が狭くなり、心臓が栄養不足になります (この状態を専門用語で「虚血」といいます)。心臓が虚血 (栄養不足)となった結果、心臓が悲鳴をあげ、胸が痛い胸が痛い (胸痛)、圧迫感、動悸、息切れなどの症状が出ます。発作は、安静にすることで、数分から15分程度でおさまります。
狭心症は、大きく分けて「労作性狭心症」と「冠攣縮性狭心症」の2つがあります。

労作性狭心症

糖尿病、高血圧、脂質異常症などにより動脈硬化がおきて、冠動脈 (心臓を栄養する血管)が狭くなっておこる狭心症です。階段を上るとき、走ったときなど運動をしたときに症状が出ることが多いです。血をサラサラにする薬 (抗血小板薬)や心臓の負担をとる薬に加え、発作が多い場合は、カテーテル治療、バイパス手術などが必要なことがあります。

冠攣縮性狭心症

通常の状態であれば、冠動脈は狭くなっていませんが、何らかの原因で血管が痙攣して、内側が狭くなっておこる狭心症です。日本人に多く、安静にしているときや、運動している時のどちらにも症状が出ます。心臓の血管を広げて、発作が起きないようにしたり、血管の痙攣を予防する薬の治療を行います。

心臓弁膜症

心臓は、右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋からなっていて、血液が順番に流れています。一方向に流れるように、各部屋と部屋の間に逆流を防ぐ扉、すなわち「弁」がついています。この弁がなんらかの原因によって調子が悪くなった状態を弁膜症と呼び、弁の開きにくくなった「狭窄症」、閉じにくくなった「逆流症 (閉鎖不全症)」があります。

弁膜症になると心臓に負担がかかります。最初は症状がないことが多いですが、心臓に負担がかかり続けると、心不全や不整脈が起こり、動悸、息切れ、むくみなどの症状がおこります。

大動脈弁狭窄症

心臓の出口にある大動脈弁が動脈硬化により硬くなり、弁が開きにくくなる弁膜症です。心不全や不整脈になるだけではなく、倒れたり (失神)、突然死の原因となる怖い弁膜症です。このような状態にならないために治療が必要で、心臓の負担をとる薬を飲んで進行を抑えたり、重症になると弁を取りかえる手術をおこないます。

僧帽弁逆流症

心臓から全身に血を送る左心室の入口にある僧帽弁弁が、弱くなって閉じにくくなる弁膜症です。心筋梗塞など様々な原因で起こります。心房細動など不整脈の原因となります。軽症で自覚症状もないときは、特に治療をせずに経過だけをみることもあります。

 次のような症状があるときはご相談ください

  • 胸が痛い
  • ドキドキする (動悸)
  • 歩くと息が苦しい (呼吸困難)
  • 健康診断で心電図異常といわれた
  • 健康診断で心雑音がするといわれた
  • カテーテル手術を受けたり、入院したりしたが、病院への通院が大変
  • 動脈硬化が心配

お気軽にお問い合わせください。048-652-2226月~金曜日 9:00-18:30 土曜日 9:00-12:00 日曜・祝日休診

インターネット予約 診察・健康診断・乳幼児健診・予防接種