風しん第5期定期予防接種 実施しています

心房細動週間のお知らせ

心房細動とは

心房が不規則に速くなり、脈が乱れて早くなる不整脈の1つです。動悸、息切れなどの症状が現れることもありますが、症状のない方もいます。脈が速くなることで心臓へ負担が大きくなり、心不全になることがあります。

心房細動により心臓の中に血のかたまり(血栓)が作られやすくなり、その血栓が脳に移動して、脳梗塞を引き起こすことがあります。認知症の危険性も高まります。
そのため、心房細動を早期に発見して、心不全、脳梗塞、認知症になることを防ぐことが重要です。

脈を測りましょう

3月9日(金)〜15日(木)は、「心房細動週間」です。

「心房細動週間」は、不整脈の1つである心房細動について広く知ってもらうことを図る期間です。日本不整脈心電学会、日本脳卒中協会の共催によって実施されています。

心房細動は症状のない方も多いです。早く発見するために、脈をとりましょう。
脈のとり方は、次の動画を参考にしてください。

脈とりで寝たきり予防

脈が乱れている方は、当院までご相談ください。専門医による診察を行い、心房細動であるかどうかを診断し、今後の治療方針を相談しながら決めていきます。

出展 心房細動週間ウェブサイト