花粉症 (季節性アレルギー性鼻炎・性結膜炎)

花粉症の症状

くしゃみをする男の子鼻水、くしゃみ、鼻づまりなど鼻の症状や、目のかゆみ、赤くなる、涙目など目の症状が多いです。加えて、喉に違和感を感じたり、鼻水が喉におちる (後鼻漏)があり、子どもに多いです。
他に、食欲不振、不眠、イライラ、だるい、集中力低下などの精神神経症が出てきたり、副鼻腔炎、喘息を引きおこすこともあります。

花粉症の原因

杉の木から花粉が飛散している原因となる花粉は、スギが多くいですが、ヒノキ、イネ、ブタクサなど様々な植物でおこり、複数の花粉が原因の方も多いです。
スギ、ヒノキの花粉は、1月末から飛散量が増え、4月までピークが続きます。5月末からイネ科の花粉が多くなり、7月にいったん減って秋にまた増加します。8月末から10月初めに、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど野草の花粉が飛散します。秋から冬には花粉はあまり見られなくなります。

花粉症の検査

原因となる花粉を特定することで、花粉が飛散する前から備えることが可能です。また、スギ花粉症だと思っていたら、他にも原因であることがあるので、アレルギー検査にて確認しましょう。

花粉症の治療

アレルギーを抑える飲み薬を飲むのが基本です。加えて、点鼻薬、点眼薬 (目薬)などを、症状に応じて加えて治療を行います。
花粉が飛び始める前から治療を開始することにより、花粉症の症状を予防したり、軽くすることができます。花粉が飛ぶ量が増える2週間くらい前、2月中旬までに始めると効果的です。

 アレルギー検査

患者様それぞれの症状に応じて、アレルギーの検査を行います。

39項目のアレルギー検査 (View39)

アレルギーの原因がよくわからない場合、View39検査を行います。日本人がアレルギーの原因に多い39項目を、一度の血液検査で調べることができます。健康保険でおこなうことができ、3割負担の方で約5000円です。

調べられるアレルギーの原因
吸入系食餌性その他
ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ属、シラカンバ(属)、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア、アスペルギルス、カンジダ、マラセチア(属)、オオアワガエリ
卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米 、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉
ラテックス

お気軽にお問い合わせください。048-652-2226月~金曜日 9:00-18:30 土曜日 9:00-12:00 日曜・祝日休診

インターネット予約 診察・健康診断・乳幼児健診・予防接種