インフルエンザの予防接種をおこなっています

すぐにできる睡眠時無呼吸症候群のセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群は、眠っているときに、一時的に呼吸が止まってしまう病気です。呼吸が止まることで、血液中の酸素濃度が下がったり、血圧が急上昇したりするため、高血圧糖尿病などの生活習慣病や、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こします。また、安眠できなくなるので、起きている間に眠くなり、生活に悪影響をおよびします。

睡眠時無呼吸症候群の症状には、いびきや日中の眠気など様々なのものがありますが、ご本人はあまり自覚していないことも多いです。気になる方は、次のセルフチェックをお試しください。

エプワース眠気尺度

日中の眠気について当てはまる番号を選んでください

もし以下の状況になったとしたら、どのくらいうとうとする(数秒〜数分眠ってしまう)と思いますか?
以下の状況になったことが実際なくても、その状況になればどうなるかを想像してお答え下さい。

ほぼない少しある時々あるよくある
1. 座って読書をしている時0123
2. 座ってテレビを観ている時0123
3. 会議、映画館などで静かに座っている時0123
4. 乗客として 1時間続けて自動車に乗っている時0123
5. 午後、横になって休憩している時0123
6. 座って人と話しをしている時0123
7. 昼食後、静かに座っている時0123
8. 座って手紙や書類などを書いている時0123

合計点数を求めてください

合計点数が11点以上の場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。検査を受けることをお勧めします。

自宅でできる睡眠時無呼吸症候群の検査
終夜睡眠ポリグラフ検査 睡眠時無呼吸症候群であるかどうかを調べる検査を、「睡眠ポリソムノグラフィ(PSG検査)」といいます。 睡眠時無呼吸症候群の検査は、夜、寝ている時に行わないといけません。かつては、検査の装置も大きく、付けるのも...

STOP-Bang 質問票

このセルフチェックは、8個の質問からなり、それぞれの頭文字をとって名前が付きました。カナダで開発されたものですが、日本人にあうように一部をアレンジしています。

次の質問に当てはまる項目を数えてください

  1. いびき(Snoring)
  2. 話し声より大きいいびきがある。

  3. 疲労(Tired)
  4. しばしば疲労感や、日中に眠気がある。

  5. 目撃(Observation)
  6. 一緒に寝ている人などから、呼吸が止まっているといわれる。

  7. 血圧(Blood Pressure)
  8. 高血圧の治療をしているか、健康診断などで高血圧といわれている。

  9. 肥満(Body mass index)
  10. 肥満がある。肥満であるかどうかは、体重(kg)÷身長(m)2で計算して、25以上ある場合は、肥満となります。
    (例) 身長 170 cm、体重 80 kgの場合、80÷1.72=27.6 で「肥満」です。

  11. 年齢(Age)
  12. 年齢が50歳以上。

  13. 首周囲径(Neck circumference)
  14. 首回りの長さが40cm以上ある。長さは、のどぼとけの部分で測ってください。

  15. 性別(Gender)
  16. 男性である。

    3項目以上あてはまる場合…

    睡眠時無呼吸症候群の可能性が、70%以上あります。
    さらに、重症である可能性は、3〜4項目で15%、5〜6項目で30%、7項目以上で40%となります。
    このセルフチェックで、3項目以上あてはまった方は、検査を受けることをお勧めします。

    出展 STOP-Bang Questionnaire: A Practical Approach to Screen for Obstructive Sleep Apnea. Chest. 2016.

睡眠時無呼吸症候群・いびきでお悩みの方はご相談ください

睡眠時無呼吸症候群
日中に眠くなる、いびきが大きい、ぐっすり眠れないなど、気になる症状がありましたら、ご相談ください。あわせて、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるかどうかを知るために、セルフチェックをご活用ください。

睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合、当院での検査は、ご自宅でおこなえます。

診察と検査結果から、最適な治療法をご提案し、快適な睡眠のお手伝いをいたします。

048-652-2226
月-金曜 9:00-18:30 土曜 9:00-12:00(祝日除く)
睡眠外来
さいたま市 小杉ファミリークリニック