自宅でできる睡眠時無呼吸症候群の検査をおこなっています

終夜睡眠ポリグラフ検査

睡眠時無呼吸症候群であるかどうかを調べる検査を、「睡眠ポリソムノグラフィ(PSG検査)」といいます。

睡眠時無呼吸症候群の検査は、夜、寝ている時に行わないといけません。かつては、検査の装置も大きく、付けるのも難しかったため、入院して行っておりました。

しかし、ご自宅でも取扱い可能な検査機器が登場し、ご自宅で検査が可能となりました。この結果、病院まで行って入院する必要もありませんし、普段の睡眠の様子がわかるため、簡便で非常に有用な検査です

検査の方法

ご自宅で、寝る前に検査機器をつけます。検査機器本体は手首に付けます。本体からは2種類のセンサーが付いています。

1つは、鼻に付け、気流やいびき音から気道の狭窄や呼吸状態を調べます。
もう1つは、手の指先に付けます。これはパルスオキシメーターといって、血液中の酸素濃度や脈拍を測定します。無呼吸になり酸素が取り込めなくなると、血液中の酸素濃度が下がり、脈拍が上昇します。

検査の流れ

受診
睡眠時無呼吸がご心配な場合、ご受診ください。その際、健康保険証をお持ちください。
予約は必ずしも必要ありませんが、インターネット予約にてご予約いただくと、スムーズに受診いただけます。
検査の申込
受付後、医師が問診、診察をします。その結果、睡眠図無呼吸症候群が疑われると判断した場合、検査の申込をしていただきます。
検査機器の受け取り
指定された日に、検査機器が自宅に、宅急便で届きますので、お受け取りください。
検査
寝る前に、ご自身 (またはご家族の方)で、検査機器をお取り付けください。取り付けの際、ご不明な点は提携会社 (24時間受付)にお電話いただければ、ご説明いたします。
検査機器の返送
検査が終わりましたら、宅急便で検査機器を返送してください。
結果のご説明
返送後2週間後に検査結果が判明します。再度、ご来院いただき、結果をご説明します。