麻しん (はしか)の予防接種について

沖縄県で麻疹 (はしか)が流行しています。
日本が麻しんの排除状態にあると認定されていますが、海外ではアジア、アフリカ諸国を中心に多くの国で発生しています。今回のように、海外から持ち込まれて集団発生することがあります。

麻しんは感染力が強いため、予防接種が最も有効な予防法です。麻しんワクチンまたは麻しんん風しん混合ワクチンを接種することによって、95%以上の方が免疫を獲得することができると言われています。
流行地へ行かないようにすることも大切です。医療・教育関係者や流行地へ行く予定のある方、妊娠・出産を考えている方で、はしかにかかったことや予防接種をうけたことがはっきりしない場合は、予防接種による予防をおすすめします。
なお、妊娠の可能性のある女性は予防接種はできません。

麻しん単独ワクチンの入手はほとんでできないため、当院では、麻しん風しん混合ワクチンによる予防接種を行っています。単独ワクチンと同じ効果が期待され、健康への影響に問題はありません。厚生労働省でも認めている接種方法です (詳しくは、厚生労働省 麻しんについて Q&A をご参照ください)。

接種を希望される方は、事前に、インターネット予約 または 電話予約 をお願いいたします。
現在、ワクチンの入荷数が限られており、インターネット予約は取りにくくなっています。インターネット予約ができない場合は、お電話にてお問い合わせください。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。