高血圧とは…?

高血圧

血圧は、血管内の圧力で、心臓から流れた血液が、血管を押し広げる力です。血圧は常に変化しています。基本的には、人の活動にあわせて、朝の目覚めとともに血圧は上がり、日中から夜にかけて下がり、眠っているときは最も低くなります。

これまでの測定結果や受診時の血圧など数回の測定結果をもとに、高血圧であるかどうかを判断します。診察室で測った血圧が、高い方 (収縮期血圧) 140mmHgと、低い方 (拡張期血圧) 90mmHg以上のどちらかであれば、高血圧となります。

高血圧の症状

高血圧は自覚症状はほとんどありません。ごくまれに、頭痛、肩こり、耳鳴りなどが現れることがあります。

高血圧を放っておくと…

高血圧は自覚症状はほとんどありませんが、放置しておくと、突然、心臓病 (心筋梗塞、心不全など)、脳出血、脳梗塞、腎臓病などになり、最悪の場合亡くなることもあります。そのため、「silent killer (沈黙の殺し屋)」と呼ばれています。
そのため、症状がなくても、適切な血圧を保つことが大切です

 家庭血圧を測りましょう

家庭血圧

定期的に家庭血圧を測りましょう診察室で測定した血圧は、日常生活の一瞬にすぎません。そのため、日常生活に近い自宅での血圧を測定することは、とても意味があります。
家庭血圧計は、腕に巻くタイプ、手首にまくタイプなど様々な種類があります。腕に巻くタイプの方が、測定誤差が少なく、自宅で測るにはおすすめです。

白衣高血圧

血圧はいろいろな条件で変動します。家庭では、血圧は正常な方が、診察時や健康診断の時は、緊張して血圧が上がり、高血圧になることをいいます。
そこで、診察時は高血圧でも家庭血圧は正常を示す人と、診察時・家庭血圧両方とも正常な人を比較したところ、心臓病や脳卒中になりやすいかを比べたところ、両者に差がないことがわかりました。つまり、 家庭血圧を測って正常であれば、 診察時のみ血圧が高くても必ずしも治療する必要はないということです。
ただし、白衣高血圧は、将来、診察室でも家庭でも血圧が高くなることがあります。健康診断や、家庭での血圧測定は定期的に行うようにしてください

仮面高血圧

白衣高血圧とは逆で、診察時や健康診断や診察時は正常なのに、家庭や職場では血圧が高い方のことです。
仮面高血圧の場合、診察時・家庭血圧の両方とも高い人と同じくらい、心臓病や脳卒中の危険性が高いです。健康診断では見つかりにくく、気づかないところで高血圧による動脈硬化が進行するので、家庭で血圧を測定することで、発見するきっかけにもなります。

 高血圧の治療

生活習慣の改善

  • 塩分を減らす (減塩)
  • 野菜や果物を積極的に食べる
  • 脂肪分を多く含む食べものを控え、青魚類を食べるよう心がける
  • 低輝度な運動をする (毎日30分のウォーキングなど)
  • 適正な体重を維持する
  • お酒を飲む場合は、適度な量にしましょう
  • タバコは吸わない

塩分を減らす (減塩)は特に重要です

塩分を減らすこと (減塩)が大切です1日6g未満が目標です。現在、日本人は、平均約10gとっているので、半分~2/3くらいまで減らす必要があります。アフリカのマサイ族は、1日2gしかとっていませんので、生きていくのには、わずかな量で十分です。

多くの食品の成分表示には塩分量が載っているので参考にしてください。一部の食品は、塩分量でなく、ナトリウム量で表示しています。その場合、誤差はありますが、塩分は、ナトリウムを2.5倍した量になります。
(例) ナトリウム量 1gの場合の塩分量 1g × 2.5 = 2.5g

くすりの治療

生活習慣をあらためても血圧が高い場合は、薬の治療を開始します。
ただし、血圧が非常に高い方や、糖尿病心臓病、腎臓病などがある方は、はじめから薬の治療をします。

血圧を下げる薬には多くの種類があります。その中から、患者さんの血圧の数値や、その他の病気の有無などによって使用する薬を決めます。基本的に、1日1回など飲みやすくて、費用対効果に優れた薬を選びます。

薬を飲んでいて、食事、運動療法で血圧が十分に下がった方は、段階的に薬を減らしたり、やめたりできます。ただし、多くの方は、長年の食生活や習慣を変えることは難しく、薬をやめられる方は少ないのが実情です。

お気軽にお問い合わせください。048-652-2226月~金曜日 9:00-18:30 土曜日 9:00-12:00 日曜・祝日休診

インターネット予約 診察・健康診断・乳幼児健診・予防接種